HOMEニュースリリース










news ニュースリリース

「D-BASE」のご紹介

【ニュースリリース:2008年9月9日】


株式会社イー・ファースト(本社:東京都港区、代表取締役:山本明彦)は、WEBオンライン上で利用可能なデータベース管理ツール「D-BASE」ASPサービスの提供開始を発表いたします。

本システムは誰でも簡単にWEB上のデータベースシステム構築が可能であり、必要な登録項目を追加した後からでも簡単に再構成が出来る画期的なツールです。

ASPでご提供の為、面倒なサーバの設定が必要無く即日で本システムサービスのご利用ができます。

データの登録/検索以外にも、画像や動画ファイル、SWFファイル、ExcelやWordなどの添付ファイル等も登録/閲覧が可能です。CSVファイルによる入出力が出来ますので、Excelで作成したデータをそのままデータベースとして利用し、まったくデータベースの開発をした事が無い未経験者にでも簡単に設計が可能です。

携帯サイトとの連携機能がありますので、外出先からのファイル共有、閲覧、検索が可能となり、非常に便利なツールとしてご活用頂けます。

D-BASEはCMS機能としての利用ができます。その際には100%自由なデザイン反映が可能です。開発工数を大幅に削減し納期の短縮、さらには更新管理の負担軽減まで行える画期的なツールです。

また、D-BASEは、活用範囲をさらに広げる以下のような機能を備えています。

【写真付きメール受信インターフェース】
特定のメールアドレスに写真付きメールを送信するだけでD-BASEに画像データとして登録できます。

【WEBフォームデータ受信インターフェース】
外部のWEBサイト上のフォームに入力してもらった内容をD-BASEに自動的に登録することができます。

【WEBサイト連携機能】
D-BASEの機能はAPIにより外部システムから呼び出すことができます。これを使ってWEBサーバ上に連携用のテンプレートを配置することにより、サイトコンテンツへの自動的な反映などが可能になります。

APIやテンプレートというと難しそうですが、D-BASEのものは至ってシンプルにできており、最小の時間でマスターして頂けます。

【多言語化(英語版)】
英語版、日本語版の選択が可能になります。今後は随時各国語に対応したバージョンをリリース予定しております。

【フォームのレコード単位制御機能】
編集中に別の人が同じレコードに入ろうとすると「編集中です」の画面が出る事になります。
複数人によるデータの共有や管理をしている際に起こりがちなエラーを未然に防ぐ事ができます。

【承認機能】
権限機能により、上位管理者が承認の「是/非」設定可能になります。10段階の権限設定機能がありますのでそれぞれの段階に応じたきめ細かいマネージメントが行えます。

今後も随時、付加機能を追加したグレードアップバージョンのリリースを予定しております。

 「D-BASE」に関する詳細内容についてはこちら

 

■本件に関するお問い合わせ先:

ITソリューション事業部  D-BASE広報係







 


個人情報の取扱いに関する基本方針各種お問い合わせ
Copyright (C) 2006 e-first Incorporated. All Rights Reserved.